① オンラインイベント「熊本豪雨で被災の子どもたちへ届け!『海の子ども元気箱』」


【講師プロフィール】 浪崎直子 なみざきなおこ(チーム海のこども元気箱プロジェクト代表 熊本県在住)
琉球大学大学院理工学研究科にてサンゴ礁生態学を学ぶ。卒業後は海の環境NPO、国立環境研究所、東京大学で海の教育の仕事に従事。現在はフリーランスとして 熊本の海で環境教育の仕事に携わる。令和2年7月の熊本豪雨で被災した子どもたちに向けた環境教育支援活動『海のこども元気箱』を展開中。

【日時】 2021年2月28日(日) 10:00~11:00 
【定員】10組(1組5名まで)最大50名まで
→受付終了しました。
※小学生以下の方は、保護者とご一緒にご参加ください。※参加無料です。
※オンラインでの開催です。熊本とつなぎます!当日港防災センター館内では実施しておりません。

【準備するもの】
①ペーパークラフト アユ ※イベント中で作ります!
②のり ※ペーパークラフトを作るときに使います。
③天草ぬりえ ※「天草の海の中」「小さな生き物」「大海原」と3種類あります。
(ペーパークラフトやぬりえは、参加が決定された方のみ、ダウンロードリンクをお伝えします。)


➁ オンラインイベント「オランダの子どもたちの水との付き合い方」



【講師プロフィール】 福成海央 ふくなりみお (科学コミュニケーター)
2016年よりオランダ在住。オランダに住む日本語を話す子たちを対象にサイエンスワークショップやプログラミング教室を開催したり、現地情報のリサーチや執筆を行っています。好きなオランダの食べ物はストロープワッフル。

【日時】 2021年3月7日(日) 14:00~15:00 
【定員】10組(1組5名まで)最大50名まで
→3/2(火)まで受付中です!
※小学生以下の方は、保護者とご一緒にご参加ください。※参加無料です。
※オンラインでの開催です。オランダとつなぎます!当日港防災センター館内では実施しておりません。

【準備するもの】
①えんぴつなど筆記用具 ※クイズ用紙回答用です。
②「洪水が来る!何をもって逃げる?」クイズ用紙 オランダ版日本語訳
 (参加が決定された方のみ、ダウンロードリンクをお伝えします。)


【参加方法】

★専用の申込フォームでお申し込みください★

※上記の申込フォームはGoogleフォームを利用しています。

※下のQRコードを読み取ると申し込みフォームのページへ移動します。

お申込み期間:1/26(火)~2/23(火)まで。
→受付完了次第、後日、担当者よりメールをお送りいたします。
月曜休館日、点検休館日はメール返信ができないため、お待たせすることがあります。ご了承ください。


【注意事項】※以下を必ずご熟読いただき、ご了承の上でご応募ください。
・ZOOMの基本操作方法のレクチャーはありません。
・インターネット接続時に発生する通信利用料は参加者負担となりますのでご注意ください。
・当日は講座の様子を録画し、名古屋市港防災センター公式Youtubeサイトで配信予定です。
 ※参加者の方の顔が写った場合、すべてぼかし対応とさせていただきます
・映像や音声が乱れる場合がございます。その場合はご了承ください。
・本イベントを通して発生した事故・トラブルにつきまして、当センターは一切の責任を負いかねます。
・お客様による配信内容の録画・録音はご遠慮ください。
・配信用URLのSNS等への投稿、他人へのシェアによる拡散はご遠慮ください。
当日キャンセルの場合は、必ず港防災センターまでご連絡ください。


YOUTUBEを見てみよう!

(※画像をクリックすると。YOUTUBEサイトへ移動します)